検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Comparison of radioxenon detections between the DPRK 2013 event and the DPRK

2013年と2016年の北朝鮮事象における放射性キセノン検出についての比較

木島 佑一; 山本 洋一

Kijima, Yuichi; Yamamoto, Yoichi

2013年4月8$$sim$$9日の日本の高崎放射性核種観測所(JPX38)におけるレベルC判定事象は、放射性キセノンの同位体比や放出源推定解析結果から、2013年の北朝鮮事象に係る遅延放出によるものと考えられる。日本の国内データセンター(NDC-2)は2013年と2016年の北朝鮮事象における放射性キセノン検出についての比較を行った。2016年2月17$$sim$$19日のJPX38におけるレベルC判定事象及び2016年9月22$$sim$$24日の中国の広州放射性核種観測所(CNX22)におけるレベルC判定事象に対する放出源推定解析結果について報告を行う。

The JPX38 Level C episode of 8-9 April 2013 is thought of as delayed release from the DPRK 2013 event from the aspect of the radioxenon isotope ratio and the result of the possible source location analysis. The Japanese NDC-2 carried out the comparison of radioxenon detections between the DPRK 2013 event and the DPRK 2016 events. The results of the possible source location analysis for the JPX38 Level C episode of 17-19 February 2016 and the CNX22 episode of 22-24 September 2016 will also be presented.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.