検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

磁気対相関関数によるスピングラス系Mn$$_{0.5}$$Fe$$_{0.5}$$TiO$$_3$$の局所磁気構造の観測

Local magnetic structure of spin-glass material Mn$$_{0.5}$$Fe$$_{0.5}$$TiO$$_3$$ observed by magnetic pair distribution function

樹神 克明  ; 本田 孝志*; 池田 一貴*; 社本 真一  ; 大友 季哉*

Kodama, Katsuaki; Honda, Takashi*; Ikeda, Kazutaka*; Shamoto, Shinichi; Otomo, Toshiya*

磁気対相関関数(磁気PDF)は磁気モーメント間の相関を実空間であらわす量であり、波数空間でシャープな磁気ブラッグピークを示さない長距離秩序を持たない磁気配列を調べる上で有効である。具体的にはスピングラス, スピン液体, ナノ磁性体などの磁気配列がその適用対象となる。本研究では磁気PDF解析の適用例として典型的なスピングラス物質であるイルメナイト化合物Mn$$_{1-x}$$Fe$$_x$$TiO$$_3$$(x=0.5)を取り上げ、J-PARC全散乱装置NOVAを用いて粉末中性子回折実験を行った。得られた磁気散乱強度データから導出した磁気PDFを用いてスピングラス状態における局所磁気構造を議論する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.