検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Development of laser instrumentation devices for inner wall of high temperature piping system

高温配管内壁に対処できるレーザー検査装置の開発

西村 昭彦; 古澤 彰憲; 竹仲 佑介*

Nishimura, Akihiko; Furusawa, Akinori; Takenaka, Yusuke*

伝熱管内壁の検査補修技術として光ファイバイメージスコープとレーザー溶接技術を組み合わせた保守保全装置の開発を行ってきた。ファイバスコープによる観察、レーザー肉盛り加工補修、コノプローブ計測など主要な技術について報告する。本技術は高速炉配管への適用を計画している。本会議では、高速炉2次系配管と構造的に共通要素が多い太陽熱発電プラントへの適用を提案する。本技術は、高繰り返し熱負荷と溶融塩腐食にさらされる太陽熱発電プラントの保守保全に有用である。

We developed a cpmpact laser maintenance device in order to access a 23 mm diameter for heat exchanger tubes of nuclear power plants. A laser instrumentation device was desighned and assembled to measure the corrosion depth at the inlet of heat exchanger tubes. This device can be applied for heat exchanger tubes in CSP where erosion or cracking might be caused by repetitive thermal induced stress.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.