検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Characterization of microstructure using Bragg edge and energy-resolved small-angle neutron scattering

ブラッグエッジとエネルギー分析型中性子小角散乱法によるミクロ組織の解析

大場 洋次郎; 諸岡 聡; 大石 一城*; 鈴木 淳市*; 土山 聡宏*; Gilbert, E. P.*

Oba, Yojiro; Morooka, Satoshi; Oishi, Kazuki*; Suzuki, Junichi*; Tsuchiyama, Toshihiro*; Gilbert, E. P.*

中性子散乱は鉄鋼中のミクロ組織の定量評価に適した実験手法であり、鉄鋼研究分野での活用が進んできている。特に、中性子回折法は鉄鋼母相の格子ひずみや結晶集合組織等の解析に利用され、中性子小角散乱法は析出物や介在物等の第二相の解析に利用されている。鉄鋼の力学特性には母相と第二相の両方が密接に関わっていることから、鉄鋼のミクロ組織と特性の関係を明らかにするためには、回折と小角散乱の両方を測定し、両者から得られる情報を合わせて総合的に考える必要がある。近年、J-PARC等の新しいパルス中性子源が稼働し、ブラッグエッジ解析やエネルギー分析型中性子小角散乱法等の新しい中性子散乱測定手法が利用可能になったことで、実験のフレキシビリティが向上し、回折と小角散乱を同時に測定しやすい環境が整ってきた。そこで、これらを活用した回折と小角散乱の同時測定について、鉄鋼材料への適用例を基に議論する。

Small-angle neutron scattering and neutron diffraction are powerful tools to characterize microstructures in steels. Several new experimental techniques such as Bragg edge transmission analysis and energy-resolved small-angle neuron scattering have been recently developed with the opening of new-generation pulsed neutron sources. In this talk, the combined use of these diffraction and small-angle scattering techniques are discussed for the total characterization of the microstructures in steels.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.