検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

次世代大強度ビームの縦方向測定に向けた非破壊型ビームモニタに関する研究

Study of non-destructive beam profile monitor for longitudinal measurement in high-intensity beam

守屋 克洋 

Moriya, Katsuhiro

J-PARCでは、ビーム位相幅(縦方向分布)を測定するためのバンチシェイプモニタ(BSM)の導入・高度化を進めている。縦方向分布の測定が可能になれば、縦方向ビームの更なる安定化が実現できる。しかし、J-PARCのような大強度ビームの場合、ビームの熱負荷等にBSMのワイヤが耐え切れず断線し、ビーム測定ができない場合がある。そこで、BSMのワイヤの代わりに残留ガスイオン化プロファイルモニタ(IPM)の技術を導入し、新規ビームモニタの検討を行った。数値計算上でIPMの電場分布を計算し、ワイヤが無くてもビームの信号が検出器まで届くことを確認した。本発表では、BSMの問題点と検討中の新規ビームモニタの数値計算結果について報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.