検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

イオンチャネリングを利用した同重体分別技術の開発

Development of isobar separation method based on ion channeling

松原 章浩*; 藤田 奈津子; 三宅 正恭; 磯崎 信宏*

Matsubara, Akihiro*; Fujita, Natsuko; Miyake, Masayasu; Isozaki, Nobuhiro*

同重体分別は、AMSの測定効率や検出限界の向上にかかわる主要技術である。この一つとしてディグレーダー膜を用いる方法があり、この膜は多くは窒化シリコン膜(非晶質)が用いられ分析電磁石と静電偏向器の間に設置される。我々はディグレーダー膜に単結晶薄膜を用い、そこに現れうるイオンチャネリングを同重体分別に利用する技術を開発している。本研究ではイオンチャネリングが同重体分別の性能向上に効果があることを示したので報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.