検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

チベット高原・プマユムツォ湖周辺岩石の$$^{10}$$Be測定結果

Preliminary results of $$^{10}$$Be of the rock samples from the lake terrace of the Lake Pumayum Co in Tibetan Plateau

奈良 郁子*; 渡邊 隆広; 國分 陽子; 堀内 一穂*

Nara, Fumiko*; Watanabe, Takahiro; Kokubu, Yoko; Horiuchi, Kazuho*

チベット高原はその広大な面積(約2,500,000km$$^{2}$$)から、世界の高度4km以上の地域の82%を占め、その地形学的特徴から、地球規模の気候変動および物質循環に対して重要な役割を果たしている。プマユムツォ湖は、チベット南部に位置する、湖面標高5020m、表面積281km$$^{2}$$、最大水深約65mの高山湖であり、この規模の湖としては世界最高の高度に位置する湖である。プマユムツォ湖の東側には湖岸段丘が形成されており、このことから過去に湖水深が変動していたことが予測されている。本研究では、チベット高原における水循環変動の解明を目的とし、プマユムツォ湖周辺にて採取された岩石試料中の宇宙線生成核種であるベリリウム-10の測定を行った。ベリリウム-10の測定は日本原子力研究開発機構東濃地科学センターが所有するペレトロン年代測定装置を用いて実施した。チベット・プマユムツォ湖湖岸岩石中のベリリウム-10濃度は5.5-7.5$$times$$10$$^{6}$$(atoms/g)の範囲を示した。また、ベリリウム-10濃度は、湖から離れるに従って減少する傾向を示し、既報のチベット南部地域における浸食速度よりも遅い浸食速度が算出された。

In-situ cosmogenic radionuclides have been used to understand earth surface processes, such as the erosion rate and exposure age dating of rocks. This is a preliminary report on in-situ $$^{10}$$Be values measurements by Accelerator Mass Spectrometry (AMS) for rock samples from the shore of the Lake Pumoyum Co in Tibetan plateau. The $$^{10}$$Be concentrations ranged from 5.5-7.5$$times$$10$$^{6}$$ atom/g similar to those of the surface sediments of Lake Pumoyum Co. The calculated erosion rates were 5.2-7.6 mm/kyr, values close to those previously reported by Lal et al. (2003).

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.