検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Comparison of solid-water partitions of radiocesium in river waters in Fukushima and Chernobyl Areas

福島とチェルノブイリの河川水中の放射性セシウム固液分配の比較

高橋 嘉夫*; Fan, Q.*; 菅 大暉*; 田中 万也; 坂口 綾*; 武市 泰男*; 小野 寛太*; 間瀬 一彦*; 加藤 憲二*; Kanivets, V. V.*

Takahashi, Yoshio*; Fan, Q.*; Suga, Hiroki*; Tanaka, Kazuya; Sakaguchi, Aya*; Takeichi, Yasuo*; Ono, Kanta*; Mase, Kazuhiko*; Kato, Kenji*; Kanivets, V. V.*

本研究では、河川における粒子状物質及び堆積物への放射性セシウムの分配挙動を支配する要因に関して、福島とチェルノブイリの違いに着目した。プリピァチ川(チェルノブイリ)では溶存態の放射性セシウムが主要であった。これは鉱物粒子表面を有機物がコーティングすることにより放射性セシウムの吸着を阻害しているためであると考えられる。一方、口太川(福島)ではこうした有機物による阻害効果は小さく鉱物粒子に強く吸着していることが明らかとなった。福島とチェルノブイリの河川におけるこうした対照的な放射性セシウムの挙動は、両者の地質や土壌タイプの違いを反映していると考えられる。

We focused on factors controlling partition of radiocesium on particulate matters and sediments in rivers of Fukushima and Chernobyl. Radiocesium is more soluble in the Pripyat River (Chernobyl) due to weaker interaction of radiocesium with clay minerals caused by the inhibition effect of the adsorbed humic substances. In contrast, particulate matters and sediments in the Kuchibuto River (Fukushima) display high adsorption affinity with lesser inhibition effect of adsorbed humic substances. This difference is possibly governed by the geology and soil type of provenances surrounding both catchments.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:56.63

分野:Multidisciplinary Sciences

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.