検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

シミュレーションの信頼性確保に関する取り組みの現状と課題

State-of-the-art approach and issue to establish simulation credibility

中田 耕太郎*; 工藤 義朗*; 越塚 誠一*; 田中 正暁

Nakada, Kotaro*; Kudo, Yoshiro*; Koshizuka, Seiichi*; Tanaka, Masaaki

国内外においてV&Vの重要性および必要性が広く認識され、シミュレーションの信頼性の確保に関わるガイドラインや標準を作成する動きが活発になっている。2016年7月に日本原子力学会標準「シミュレーションの信頼性に関するガイドライン:2015」が発行された。これは、シミュレーションの信頼性の確保に関する重要性が高まる状況に鑑み、モデルV&V(Verification and Validation)に基づいて、不確かさを考慮した予測評価、品質管理を加えたモデリング&シミュレーションの方法論の考え方をまとめたものである。このガイドラインの発行に至った背景及び経緯、ガイドラインの概説、取り組みの現状と課題について、発行後の講習会の報告と併せて紹介する。

The Atomic Energy Society of Japan (AESJ) published "Guideline for Credibility Assessment of Nuclear Simulations 2015" in June, 2016 which specifies the concepts on methodology for the prediction with uncertainty quantification and the quality management based on the concept of verification and validation (V&V) of modeling and simulation. In this report, the outlines of activities in AESJ for publication of the guideline and the expectation for effective implementation of the guideline are described including that of the lectures with major respondents of the questionnaires.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.