検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Evaluation of feedback reactivity coefficients by inverse kinetics in Monju

もんじゅにおける逆動特性による反応度フィードバック係数評価

北野 彰洋; 中島 健*

Kitano, Akihiro; Nakajima, Ken*

フィードバック反応度は、高速炉炉心設計において考慮され、特に出力係数が負になることが重要であり、実機運転においても確認することが必須となっている。もんじゅで実施されたフィードバック反応度測定試験では、ゼロ出力臨界状態で正の反応度を投入し、フィードバック反応度により安定状態となるまでのプラントデータを採取した。得られたデータに基づきフィードバック反応度係数の評価が実施されているが、これまでの評価では、臨界点における原子炉出力及び原子炉入口温度に着目した評価手法であったため、1回の試験取得できるデータが2点に限定されていた。既存の臨界点での評価では3回の試験データを使用したため、3日間の期間が必要であった。本研究では、逆動特性を適用し、1回の試験結果でフィードバック反応度を評価する手法を考案し、実機への適用性を確認した。

The feedback reactivity is taken into account in fast reactor core design especially in order to make the power coefficient negative, which is required to be confirmed in the operation. In the feedback reactivity experiment, the positive reactivity was inserted in the critical state at zero power, and the thermal data, such as reactor power and the R/V inlet temperature, was acquired until the power got stable by the feedback reactivity. In the conventional study, only two critical points in an experiment are available for evaluation of the feedback reactivity coefficients. This method needs three days for evaluation. The advanced method based on the inverse kinetics is newly applied in this work using the more extensive data. It is confirmed that this approach can evaluate the feedback reactivity coefficients in one experiment.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.