検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

坑道掘削に伴う周辺地下水の酸化還元状態の変化

Variation of redox condition in groundwater during excavation

渡辺 勇輔; 林田 一貴; 村上 裕晃; 岩月 輝希

Watanabe, Yusuke; Hayashida, Kazuki; Murakami, Hiroaki; Iwatsuki, Teruki

高レベル放射性廃棄物の地層処分事業では、深度300m以深の地質環境において大規模坑道群の建設・操業・閉鎖が実施される。地下環境は一般的に酸素が乏しく還元的な環境であるが、地下坑道建設時の人為的な擾乱によって建設以前の状態から変化する可能性がある。地層処分の安全評価においては、施設閉鎖後の地下環境条件に基づいて、放射性元素の移動プロセスを考察する必要があることから、このような地下施設建設に伴う地下環境の変化が施設閉鎖後にどのように定常状態に至るのかを理解することは必須の課題である。本研究では、岐阜県瑞浪市の瑞浪超深地層研究所の深度500mの花崗岩中に掘削された坑道を利用して、地下施設の建設・維持管理時に乱された地下水化学環境の経時変化の観察を行い、その定常状態に至る過程について考察した。

In assessing the safety of geological disposal of high-level radioactive waste, groundwater chemistry is an important factor influencing the performance of engineered materials and the behavior of radionuclides. It is essential to understand the hydrochemical changing process and stable condition after the closure of the disposal facilities. In this study, a simulated experimental drift was constructed in granite at a depth of 500 m at the Mizunami Underground Research Laboratory, and the hydrochemical condition and related processes after drift closure were observed.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.