検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Recent status of J-PARC rapid cycling synchrotron

J-PARC 3GeVシンクロトロンの現状

山本 風海; Saha, P. K.

Yamamoto, Kazami; Saha, P. K.

J-PARC 3GeVシンクロトロンは現在500kWの陽子ビームを物質生命科学実験施設に、また750kW相当の粒子数の陽子ビームを主リングシンクロトロンに向けて供給している。J-PARCのような大強度加速器では、わずか0.1%のビームロスでも非常に大きな機器の放射化を引き起こし、トラブルが発生する。そのため、大強度出力での安定な運転を目指し、3GeVシンクロトロンではビーム調整を行い、その結果を基に改善を進めている。近二年では、六極電磁石および補正四極電磁石の改修により、ビーム軌道の不安定化を抑制し、より小さなエミッタンスのビームを主リングに向けて供給できるようになった。また機器の放射化も低い状態を維持したまま運転を継続しており、作業者の被ばくも非常に少なく抑えることに成功している。

The 3 GeV rapid cycling synchrotron (RCS) at the Japan Proton Accelerator Research Complex (J-PARC) provides more than 500 kW beams to the Material and Life Science Facility (MLF) and Main Ring (MR). In such a high-intensity hadron accelerator, even losing less than 0.1% of the beam can cause many problems. Such lost protons can cause serious radio-activation and accelerator component malfunctions. Therefore, we have conducted a beam study to achieve high-power operation. In addition, we have also maintained the accelerator components to enable stable operation. This paper reports the status of the J-PARC RCS over the last two years.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.