検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

使用済み燃料プールの事故時の安全性向上に関する研究,21; 被覆管酸化モデルに関する検討

Study on improvement of safety for accident conditions in spent fuel pool, 21; Investigation of cladding oxidation model

根本 義之; 鬼澤 崇*; 加治 芳行; 中島 一雄*; 金沢 徹*; 東條 匡志*

Nemoto, Yoshiyuki; Onizawa, Takashi*; Kaji, Yoshiyuki; Nakashima, Kazuo*; Kanazawa, Toru*; Tojo, Masayuki*

使用済み燃料プール(SFP)冷却水の損失または水位低下による事故の解析を目的とした重大事故解析コードの高度化のため、本研究ではこれまでに被覆管の空気中での高温酸化挙動のモデル化、及びSFP冷却水損失事故を模擬した条件での長尺被覆管の酸化試験を行い、酸化モデルによる解析結果と酸化層成長の測定結果がよく一致することを報告した。SFP事故では被覆管が空気と水蒸気の混合雰囲気中で高温酸化する条件も考えられるが、これまでの熱天秤での試験では、その場合、空気中よりも被覆管酸化が速くなる結果が示されている。本研究では空気と水蒸気の混合雰囲気中での酸化モデルの構築及び検証試験を行い、モデルの妥当性及び改良について検討した。

Cladding oxidation model construction and its validation is necessary for the upgrading of severe accidentcode which will be utilized for analysis of the spent fuel pool (SFP) accident. Cladding oxidation tests and analyses using the proposed oxidation model were coducted in the simulated SFP accident condition, and their results were compared. Modification of the oxidation model will be discussed in the lecture.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.