検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

鉱物質混和材を使用したセメントペースト硬化体に対するセシウムおよびヨウ素の見掛けの拡散係数

Apparent diffusion coefficients of Cs and I in hardened cement paste using mineral admixtures

三原 守弘; 原澤 修一*; 鳥居 和之*

Mihara, Morihiro; Harasawa, Shuichi*; Torii, Kazuyuki*

鉱物質混和材(フライアッシュ:FA, 高炉スラグ微粉末:BFS, シリカフューム:SF)を用いた水セメント比50%および30%の材齢28日のセメントペースト硬化体を作製し、CsおよびIの見掛けの拡散係数(D$$_{a}$$)を、電子線プローブマイクロアナライザーを用いた方法により算定した。Csについては、水セメント比50%ではBFS、水セメント比30%ではSFの使用がD$$_{a}$$の低減に大きく寄与した。IのD$$_{a}$$の低減には、水セメント比50%ではBFS、水セメント比30%についてはその大きな変化は確認できなかった。SFを用いることによりCsの収着性の向上が見られ、BFSを用いることによりIの収着性が向上する傾向が確認された。これらのセメントペースト硬化体の間隙構造は、微細な間隙によって連結したものであることも確認され、SFおよびBFSの使用がD$$_{a}$$の低減に寄与したものと考えられた。

Hardened cement pastes (HCPs) of water/cement ratio (W/C) 50% and 30% using fly ash (FA), blast furnace slag (BFS) and silica fume (SF) for 28 days were prepared. Apparent diffusion coefficients (D$$_{a}$$) of Cs and I in HCPs were obtained using electron probe microanalysis. For Cs, BFS and SF contributed to a reduction of D$$_{a}$$ for W/C=50% and 30%, respectively. For I, BFS reduced D$$_{a}$$ for W/C=50%, however a significant reduction in D$$_{a}$$ for W/C=30% was not observed. Using SF enhanced sorption of Cs on HCP, and using BFS slightly improved sorption of Cs on HCP. It was also confirmed that the pore structures of HCP using SF and BFS were connected by fine pores. It was therefore considered that using SF and BFS contributes to the reduction of D$$_{a}$$ in HCP.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.