検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

J-PARC線形加速器におけるエネルギー変動の観測と補正

Measurement and correction of energy fluctuation in J-PARC Linac

守屋 克洋 

Moriya, Katsuhiro

J-PARCではユーザーへ大強度ビームを安定供給するために、ビームモニタを用いてビーム損失の少ない運転条件を決めている。しかし、3GeVシンクロトロン(RCS)のビームモニタのデータ解析により、線形加速器からの入射ビームのエネルギーが利用運転中に変動していることが判明した。そこで、これまで線形加速器で常時監視出来ていなかったビームのエネルギー変動を観測するために、ビーム輸送ライン上のビームの運動量により軌道が変動する箇所に設置されたビーム位置モニタを複数台組み合わせた、エネルギー変動監視システムを構築した。それを用いて得られたエネルギー変動量を基に、RCS入射直前に設置された加速空洞を用いてエネルギー補正を行い、エネルギー変動をdp/p=$$pm$$0.015%以内に抑えることに成功した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.