検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Uranium waste engineering research at the Ningyo-Toge Environmental Engineering Center of JAEA

日本原子力研究開発機構人形峠環境技術センターにおけるウラン廃棄物工学研究

梅澤 克洋; 森本 靖之; 中山 卓也; 中桐 俊男

Umezawa, Katsuhiro; Morimoto, Yasuyuki; Nakayama, Takuya; Nakagiri, Toshio

原子力機構人形峠環境技術センターは2016年12月に「ウランと環境研究プラットフォーム構想」を発表した。その一環として、われわれは、ウラン廃棄物工学研究を実施している。本研究の目的は、ウラン廃棄物の安全かつ合理的な処分に必要な処理技術を確立することである。具体的には、廃棄物中のウランや有害物質のインベントリを把握し、廃棄物中のそれらの濃度を、浅地中処分が可能な濃度に低減し、廃棄体の形態で処分する技術を開発することが必要である。廃棄物中のウランと有害物質の濃度を低減して処分するために、われわれは下記の課題に取り組んでいる。(1)ウランのインベントリ調査:ドラム缶中のウラン量や化学形態を調査している。(2)金属・コンクリート廃棄物の除染技術の開発:ウランで汚染された金属やコンクリートの除染方法を調査している。(3)有害物質の除去・無害化・固定化技術の開発:廃棄物中の有害物質の種類、量を調査している。また、有害物質の除去・無害化・固定化対策を調査している。(4)スラッジ類からのウラン除去技術の開発:多種類のスラッジに適用できる、スラッジからウランを除去する処理方法を検討している。(5)ウラン放射能測定技術:ウラン放射能測定の定量精度を向上させるとともに、測定時間を短縮化させる方法を調査、検討している。ウラン廃棄物工学研究の最終段階では、小規模フィールド試験及び埋設実証試験が計画されている。これらの試験の目的は、ウラン廃棄物の処分技術を実証することである。

In December 2016, the Ningyo-toge Environmental Engineering Center of Japan Atomic Energy Agency (JAEA Ningyo-toge) announced new concept of "Uranium and Environmental Research Platform". As part of the concept, uranium waste engineering research are now undergoing. The objective of the research is to establish the processing technology for safely and reasonable disposal of uranium waste. In particular, estimation of the amount of uranium and harmful substances and development of technologies to reduce their concentration in the waste to the permissive level for the disposal in shallow ground disposal are needed. We are now developing the technologies to reduce the concentration of uranium and harmful substances shown below. (1) Survey on uranium inventory. Uranium waste is now stored in 10-odd thousands of 200 L drums. We are surveying amount and chemical form of uranium in the drums. (2) Development of decontamination technology of metal and concrete waste. We are investigating decontamination methods for metals and concrete contaminated with uranium. (3) Development of technologies to remove, detoxify and fix the harmful substances. We are surveying the types and amounts of harmful substances in waste. In addition, we are investigating the method to remove, detoxify, and fix harmful substances. (4) Measurement technology of uranium radioactivity. We are investigating and examining ways to improve the quantitative accuracy of measurement and shorten the measurement time. (5) Development of uranium removal technology from sludge. We are investigating new processing method to remove uranium from sludge which is applicable for several kind of sludge. The results of these technological developments and environmental research will be reflected to "small-scale field test" and "disposal demonstration test" which are planned for demonstration of the uranium waste disposal technology.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.