検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Features of PHITS in terms of detector response simulations

検出器応答関数計算に関するPHITSの特徴

佐藤 達彦  ; 小川 達彦 ; 佐藤 大樹  ; 松谷 悠佑 ; 甲斐 健師  

Sato, Tatsuhiko; Ogawa, Tatsuhiko; Satoh, Daiki; Matsuya, Yusuke; Kai, Takeshi

複雑な放射線場において正確な線量測定を実施するためには、その検出器の様々な放射線に対する応答関数を精度よく評価する必要がある。汎用モンテカルロ放射線挙動解析コードPHITSは、検出器の応答関数計算に有用となる4つの機能(イベントジェネレータモード, マイクロドジメトリ機能, 飛跡構造解析モード、付与エネルギーから検出器応答への変換機能)を有するため、その目的に最適なコードの1つである。本発表では、それらの計算機能、特にマイクロドジメトリ機能と飛跡構造解析モードについて、詳細に解説する。

Particle and Heavy Ion Transport code System, PHITS, is one of the most successful codes applicable to evaluation of detector response functions. Several specific functions useful for detector response simulations are implemented in the code, and their features are summarized in this paper.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.