検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

A Study of a calibration technique for a newly developed thyroid monitor and its uncertainties due to body size for radioiodine measurements

甲状腺モニタによる放射性ヨウ素定量時の体格補正法の検討

吉富 寛; 西野 翔; 谷村 嘉彦; 高橋 聖

Yoshitomi, Hiroshi; Nishino, Sho; Tanimura, Yoshihiko; Takahashi, Masa

緊急時の高線量率下で、公衆及び作業者の甲状腺に蓄積した放射性ヨウ素を簡便かつ精度よく定量するための可搬型甲状腺モニタを開発している。本甲状腺モニタは2個のLaBr$$_{3}$$(Ce)検出器(公衆用)もしくは、2個のCZT検出器(作業者用)を遮蔽体内に内包し、被検者の甲状腺内の放射性ヨウ素を定量するものである。これまでに、数値計算と簡易物理ファントムを組み合わせ、甲状腺及び周囲組織の詳細な解剖学的形状を反映した標準ボクセルファントムをベースとした校正方法を開発してきた。しかしながら、校正に用いた標準ボクセルファントムと被検者の体格の個人差によって、計数効率が変化し、放射性ヨウ素の定量の精度に影響を及ぼすことが懸念されてきた。そこで、8種類の甲状腺形状等が異なるボクセルファントムと、甲状腺体積及び甲状腺前組織厚を変化させたボクセルファントムに対して本甲状腺モニタの計数効率を計算評価した。その結果、甲状腺前組織厚の変化は計数効率に与える影響が大きいが、その程度は高々25 %であることが明らかになった。

Uncertainty of the body size on the counting efficiency of a newly developed thyroid monitor was estimated by Monte Carlo simulations using several voxel phantoms. Overlying tissue thickness was a major impact factor on the counting efficiency. As a result, uncertainty related to the body size of the monitored subject was found to be 25%.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:8.37

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.