検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Cause analysis of stress corrosion cracking incident due to polyvinyl chloride cable on glove box

ポリ塩化ビニルケーブルに起因するグローブボックスの応力腐食割れ原因分析

山田 美一; 柴沼 公和

Yamada, Yoshikazu; Shibanuma, Kimikazu

グローブボックス健全性を確認するための点検を実施してところ、グローブボックスにクラックが確認された。クラック数は全部で13箇所であり、各々のクラックについて観察を実施した結果、以下に記すとおり応力腐食割れによるものと結論付けられた。グローブボックスに敷設しているPVCケーブルが放射線劣化に伴い生じた塩素に起因する孔食、ステンレス鋼溶接部の鋭敏化(Cr炭化物が結晶粒界に析出することにより、粒界近傍のCr量が低下し、耐粒界腐食性が低下する現象)、及びグローブボックスの溶接箇所における残留応力等に起因する応力腐食割れがGB内側から発生し、GB外側まで進展したものと推定した。

During a periodic inspection, multiple spot-like nuclear material contamination (maximum 21.7 Bq) was detected at the outer surface of a glove-box (GB) body used to install equipment for fabricating mixed oxide (MOX) fuel at the Japan Atomic Energy Agency. The inspection confirmed a total of 13 cracks passing through the thickness direction of the GB and a bleeding phenomenon was observed on the polyvinyl chloride (PVC) cables in the GB. These cracks were judged as stress corrosion cracking induced by the generation of chlorine gas by irradiation of PVC cables lying against the inner surface of the GB.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.