検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Disk and washer coupled cavity linac design and cold-model for muon linac

ミューオンリニアックのためのディスクアンドワッシャ結合空洞の設計と低電力モデル

大谷 将士*; 二ツ川 健太*; 三部 勉*; 内藤 富士雄*; 長谷川 和男; 伊藤 崇; 北村 遼; 近藤 恭弘; 森下 卓俊; 飯沼 裕美*; 中沢 雄河*; 岩下 芳久*; 齊藤 直人

Otani, Masashi*; Futatsukawa, Kenta*; Mibe, Tsutomu*; Naito, Fujio*; Hasegawa, Kazuo; Ito, Takashi; Kitamura, Ryo; Kondo, Yasuhiro; Morishita, Takatoshi; Iinuma, Hiromi*; Nakazawa, Yuga*; Iwashita, Yoshihisa*; Saito, Naohito

ミューオン異常磁気モーメント測定および電気双極子モーメント探索実験用ミューオンリニアックの中エネルギー部用ディスクアンドワッシャ型(DAW)結合空洞リニアック(CCL)を開発している。このリニアックは、ミューオンを$$beta$$=0.3から0.7まで、加速周波数1.3Hzで加速する。本論文では、DAW CCLの空洞設計, ビーム力学設計、および空洞低電力モデルの測定結果について述べる。ビーム力学設計においては透過率100%で加速できる設計を行うことができ、問題となるようなエミッタンス増大もシミュレーションでは見られなかった。空洞設計においては、$$beta$$=0.3, 0.4, 0.5, 0.6用のセル設計を行った。コールドモデルの測定では、0.1%の精度で設計値の1.3GHzと一致していることが確認できた。

A disk and washer (DAW) coupled cavity linac (CCL) has been developed for a middle velocity part in a muon linac to measure muon anomalous magnetic moment and search for electric dipole moment. I will accelerate muons from $$v/c$$ = $$beta$$ = 0.3 to 0.7 at an operational frequency of 1.3GHz. In this poster, the cavity design, beam dynamics design, and the cold-model measurements will be presented.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:100

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.