検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

人形峠環境技術センターの廃止措置に向けて

Decommissioning activities at Ningyo-toge Environmental Engineering Center

木原 義之

Kihara, Yoshiyuki

人形峠環境技術センターでは、将来ビジョンを取りまとめた「ウランと環境研究プラットフォーム」構想を、平成28年12月に公表すると共に、地域住民の代表や行政担当者、専門家等で構成する「ウランと環境研究懇話会」を設置し、約2年間にわたって議論を行った。懇話会では「人形峠環境技術センターに、将来にわたって与えられた役割を着実かつ安全に果たしてもらうためには「ウランと環境研究プラットフォーム」構想に示された研究開発を着実に進めることは適切」との認識を総意として取りまとめて頂くと共に「難しい課題について、立場の違いを超えて真摯に向かい合い、忌憚のない議論ができた」との総括を頂いた。地域の方々との同じテーブルでの議論を通じ、地域目線の安全・安心とは何か、現状の安全を担保した上で次の事業展開に進むべき、等について考え直す機会となり、地域と共に考えることの重要性を改めて認識した。ウラン関連分野のフロントランナーとして走り続け築いてきた地域との関係や技術力は、私たちの貴重な財産である。これらを活用し、原子力利用の重要な課題の一つである、バックエンド対策に答えを出すことができるよう、引き続き努力していく。

In December 2016, we announced our new concept of the "Uranium and Environmental Research Platform". To move forward with this concept, we believe it is important to explain the R&D plan and its outcomes in an open venue and to ensure the reliability and transparency of the project through two-way communication with local communities. We established discussion meetings to receive opinions and recommendations from local citizens and experts. As a result of the meetings from June 2017 to March 2019, opinions and recommendations were shown that it is appropriate to conduct R&D shown in the concept of "Uranium and Environmental Research Platform" in order to reduce risks and environmental conservation efforts. In addition, we recognized that it is important to discuss through two-way communication with local communities again. We will continue activities to consider problems for Back-end projects, while utilizing experiences accumulated for more than 60 years through Front-end projects.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.