検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

熱年代学に基づく東北日本弧前弧域の熱史・削剥史の推定

Estimation of the thermal and denudation histories on the fore-arc side of Northeast Japan Arc based on thermochronology

梶田 侑弥*; 末岡 茂  ; 福田 将眞*  ; 長谷部 徳子*; 田村 明弘*; 森下 智晃*; 田上 高広*

Kajita, Yuya*; Sueoka, Shigeru; Fukuda, Shoma*; Hasebe, Noriko*; Tamura, Akihiro*; Morishita, Tomoaki*; Tagami, Takahiro*

東北日本弧前弧域の北上・阿武隈山地を対象として、熱史・削剥史の推定を目的に熱年代学的検討を行った。山地横断方向にアパタイトフィッション・トラック年代測定を実施したところ、北上山地では66.8-39.1Ma、阿武隈山地では61.0-40.5Maの年代が得られた。各山地内で地温勾配の大きな不均質がないと仮定すると、北上山地では東部において削剥量が小さく、阿武隈山地では畑川断層帯を境に東側より西側の削剥量が大きいと考えられる。今後の展望として、測定地点数の増加や分析確度の向上、熱史逆解析や、より閉鎖温度が低い熱年代計の適用を計画中である。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.