検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Toward next JENDL Fission Yield Data and Decay Data

次期JENDL崩壊データと核分裂収率データの作成に向けて

湊 太志  

Minato, Futoshi

JENDLグループでは現在、微視的理論モデルとJENDL/DDF-2015以降に測定された実験データを基に、新しい崩壊データの開発を行っている。新しい崩壊データには、半減期や遅発中性子分岐比などの基本的な崩壊データだけではなく、これまでのJENDL崩壊データには含まれていなかった遅発中性子スペクトルも収録される予定である。本発表では、新しい崩壊データの中身を紹介するとともに、この崩壊データとポストJENDL/FPY-2011となる東京工業大学のグループが開発した核分裂収率データを用いた総和計算の結果について発表する。また、核分裂収率の入射中性子エネルギー依存性の評価に関わる、最近の理論研究についても紹介する。

We are now developing new decay data using microscopic theoretical models and experimental data newly measured since JENDL/DDF-2015. It includes not only new evaluations of standard decay data information such as half-lives, delayed neutron branching ratios, etc but also theoretically calculated delayed neutron spectra that have not been included in the series of JENDL decay data. We present the detail of the decay data and several results of summation calculation using the decay data and post JENDL/FPY-2011 data produced by TIT group. We also introduce recent theoretical studies for the evaluation of incident neutron energy dependence of fission product yields.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.