検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

歯や耳石に記録された放射性核種の取り込み履歴

Incorporation record of radionuclides in teeth and otoliths

小荒井 一真 ; 松枝 誠; 藤原 健壮; 小野 拓実*; 木野 康志*; 岡 壽崇; 奥津 賢一*; 高橋 温*; 鈴木 敏彦*; 清水 良央*; 千葉 美麗*; 小坂 健*; 佐々木 啓一*; 石井 弓美子*; 林 誠二*; 関根 勉*; 福本 学*; 篠田 壽*; 北村 哲浩

Koarai, Kazuma; Matsueda, Makoto; Fujiwara, Kenso; Ono, Takumi*; Kino, Yasushi*; Oka, Toshitaka; Okutsu, Kenichi*; Takahashi, Atsushi*; Suzuki, Toshihiko*; Shimizu, Yoshinaka*; Chiba, Mirei*; Osaka, Ken*; Sasaki, Keiichi*; Ishii, Yumiko*; Hayashi, Seiji*; Sekine, Tsutomu*; Fukumoto, Manabu*; Shinoda, Hisashi*; Kitamura, Akihiro

硬組織の中でも、歯は特殊な形成・代謝メカニズムをもつ。そのため、ある1本の歯の内部でも$$^{90}$$Srと$$^{137}$$Csの分布が異なる可能性がある本研究では、硬組織の性質・特徴を利用し、1検体の歯や耳石から動物生息環境中における$$^{90}$$Srと$$^{137}$$Csの分布の時間変化の推定を目指す。事故時点で形成中の歯において、エナメル質の$$^{90}$$Sr比放射能は象牙質の比放射能よりも低い値であった。このように歯の形成時期が事故をまたいだ場合、歯の組織内で$$^{90}$$Srの分布に差があることが示された。この$$^{90}$$Sr比放射能の変化は、事故前後のウシ生息環境中での$$^{90}$$Srの分布の変化を表していると考えられる。同一個体内のウグイ骨と耳石において、安定Srは骨が耳石よりも高濃度であったが、安定Csは骨が耳石より低濃度であった。また、耳石中での安定Sr、安定Csの分布は一様であった。したがって、耳石内で安定SrやCsに対する$$^{90}$$Srと$$^{137}$$Csの分布に変化があれば、河川や海洋での分布の変化を示唆すると考えられる。

We have investigated incorporation of $$^{90}$$Sr and $$^{137}$$Cs in teeth of cattle and otoliths of fish. Specific activity of $$^{90}$$Sr in the dentin tissue was higher than that in the enamel tissue. The result shows change of $$^{90}$$Sr incorporation in cattle even within a tooth. Concentrations of stable Sr and Cs were 94 ppm and 3 ppb. Distributions of stable Sr and Cs were uniform in the otolith of fish. If distribution of $$^{90}$$Sr and $$^{137}$$Cs in the otolith was measured, change of $$^{90}$$Sr and $$^{137}$$Cs incorporation into the fish would be found. These findings suggest that distribution patterns of $$^{90}$$Sr and $$^{137}$$Cs in the environment could be estimated from distribution of the radionuclides in the tooth and otolith.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.