検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

超深地層研究所計画における調査研究; 必須の課題に関する研究成果報告書

Mizunami Underground Research Laboratory Project; Synthesis report on the R&D concerning important issues

松岡 稔幸; 濱 克宏

Matsuoka, Toshiyuki; Hama, Katsuhiro

日本原子力研究開発機構核燃料・バックエンド研究開発部門東濃地科学センターでは、「地層処分技術に関する研究開発」のうち深地層の科学的研究(地層科学研究)の一環として、結晶質岩(花崗岩)を主な対象とした超深地層研究所計画を進めている。超深地層研究所計画は、「第1段階; 地表からの調査予測研究段階」、「第2段階; 研究坑道の掘削を伴う研究段階」、「第3段階; 研究坑道を利用した研究段階」の3段階からなる計画である。超深地層研究所計画では、「深部地質環境の調査・解析・評価技術の基盤の整備」および「深地層における工学技術の基盤の整備」について第1段階から第3段階までを通した全体目標として定め、調査研究を進めている。本報告書では、第3期中長期計画期間のうち、平成27年度から平成31年度までの深度500mまでの研究坑道を利用して実施した調査研究の成果を取りまとめた。具体的には、原子力機構改革の中で必須の課題として抽出した(1)地下坑道における工学的対策技術の開発、(2)物質移動モデル化技術の開発、(3)坑道埋め戻し技術の開発、の3つの研究開発課題の設定の考え方、必須の課題の内容、課題解決のために実施した調査研究の成果を取りまとめた。

The Mizunami Underground Research Laboratory (MIU) Project is being pursued by the Japan Atomic Energy Agency (JAEA) to enhance the reliability of relevant disposal technologies for geological disposal of High-level Radioactive Waste through investigations of the deep geological environment within the host crystalline rock at Mizunami City in Gifu Prefecture, central Japan. The project proceeds in three overlapping phases, "Phase I: Surface-based investigation Phase", "Phase II: Construction Phase" and "Phase III: Operation Phase". The MIU Project has been ongoing the Phase III, as the Phase II was concluded for a moment with the completion of the excavation of horizontal tunnels at GL-500m level in February 2014. The present report summarizes the research and development activities carried out mainly in the GL-500m stage during Third Medium to Long-term Research Phase.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.