検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

モニタリング装置用配管の設置に関わる概念設計

Study of groundwater sampling casing for monitoring device

沖原 光信*; 矢萩 良二*; 岩月 輝希; 竹内 竜史; 村上 裕晃

Okihara, Mistunobu*; Yahagi, Ryoji*; Iwatsuki, Teruki; Takeuchi, Ryuji; Murakami, Hiroaki

原子力機構東濃地科学センターでは、深地層の科学的研究の一環として、超深地層研究所計画を進めている。本計画においては、研究開発課題の1つとして地質環境特性の擾乱や回復、定常化プロセスに関するモニタリング技術の構築を挙げている。本報告書では、現在、各深度の研究坑道に設置して使用している地下水の水圧・水質観測装置を活用し、地上において地下水を採水可能とすることを目的として、立坑に設置する採水用配管の概念設計を行うものである。

One of the major subjects of the ongoing geoscientific research program, the Mizunami Underground Research Laboratory (MIU) Project in the Tono area, central Japan, is accumulation of knowledge on monitoring techniques of the geological environment. In this report, the conceptual design of the monitoring system for groundwater pressure and water chemistry was carried out. The currently installed and used system in research galleries at various depths was re-designed to make it possible to collect groundwater and observe the water pressure on the ground.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.