検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Development and application of pulsed magnet system up to 30 tesla for neutron scattering experiment

中性子散乱実験のための最大30テスラ発生可能なパルスマグネットシステムの開発と応用

渡辺 真朗; 野尻 浩之*; 木原 工*

Watanabe, Masao; Nojiri, Hiroyuki*; Kihara, Takumi*

これまで17テスラまでの超伝導DC磁石が中性子散乱実験のために開発されている。MLFでは、試料環境(SE)チームがSE装置として7テスラまでの超伝導DC磁石を運用しているが、一部のユーザーから、より高い磁場環境が要求されている。しかし、20テスラ以上を発生させるには、超伝導技術の摘要は困難で、大スペースを必要とする大型システムの構築が要求されるが、コスト、スペースの観点で非現実的である。そこでMLFでは、強磁場環境SE機器として、小エネルギー・小型化が可能なパルス磁場方式を採用することを決定し、開発を進めてきた。本発表では、新規に開発したコンパクトで可動式の30テスラを発生可能なパルスマグネットシステムについて報告する。

Superconducting DC magnet up to 17 Tesla has developed for neutron scattering experiments. Although the sample environment team in the MLF have several DC superconducting magnets up to 7 Tesla as a sample environment apparatus, some users have requested the preparation of higher field magnets. However, another magnet technology is needed to generate higher than 20 Tesla. However, it is difficult to construct such a large system in the MLF from the point of view of construction space. It is practical to employ a pulsed magnetic field as it enables operation of smaller energy as well as downsizing of the instruments. Therefore, we have been newly developed a compact and transportable pulsed magnet system up to 30 Tesla.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.