検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Multi-atom resonanceの再検証

Revalidation of multi-atom resonance

馬場 祐治*; 下山 巖

Baba, Yuji*; Shimoyama, Iwao

Multi-atom resonanceが起こるかどうかを実験的に再検証した。X線照射によるMulti-atom resonanceとは、A-B二種類の元素からなる物質の片方の原子Aの内殻電子を共鳴励起した時に、原子Bからの蛍光X線放出(または光電子放出, オージェ電子放出)の強度が変調を受ける現象である。固体のCaCl$$_{2}$$について、Ca K-吸収端近傍で放射光エネルギーを掃引すると、共鳴吸収領域でCl K$$alpha$$X線の強度が約40%減少した。一方、CaCl$$_{2}$$の水溶液では、強度の減少は認められなかった。以上の結果から、CaとClが隣接する固体の場合は、Multi-atom resonanceが起こることが分かった。この現象を使えば、二成分系以上の物質において、対象元素の周りにある元素を特定できるので、EXAFSなどのX線吸収分光法を補完する新しい構造解析法となり得る。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.