検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

光パルス干渉方式地震計を用いた円筒水槽振動特性の観測

Observation of vibration characteristics of a cylindrical water tank by a phase-shifted optical pulse interference sensor

森下 日出喜*; 吉田 稔*; 西村 昭彦 ; 松平 昌之*; 平山 義治*; 菅野 裕一*

Morishita, Hideki*; Yoshida, Minoru*; Nishimura, Akihiko; Matsudaira, Masayuki*; Hirayama, Yoshiharu*; Sugano, Yuichi*

福島第一原子力発電所の廃止措置においては、遠隔計測技術とロボット技術の融合が不可欠である。損傷を受けた原子炉建屋の健全性を評価するために、現場にロボットにより地震計を設置する模擬試験を実施した。試験には、原子力機構の楢葉遠隔技術開発センターのロボット試験水槽を、原子炉格納容器に見立てて実施した。遠隔計測技術として、白山工業開発の光パルス干渉方式地震計を使用した。ロボット試験水槽の水位を5mから順次下げることで、振動特性の変化を記録した。試験では、偶然に起こった震度1の微小地震を計測することができた。水槽は微小振動の増幅体として振舞うことが判明した。水槽の揺れを表す物理モデルを考察することで、将来の廃止措置の現場適用の問題点を抽出した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.