検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

中新統$$sim$$更新統瀬戸層群の陸成層と陶土

Fluvial sediments and porcelain clay of the Miocene to Pleistocene Seto Group, central Japan

葉田野 希*; 吉田 孝紀*; 笹尾 英嗣  

Hatano, Nozomi*; Yoshida, Koki*; Sasao, Eiji

本論文は、2020年9月に開催予定であった日本地質学会第127年学術大会(1年延期)における地質見学会の案内書である。愛知県名古屋市東方から岐阜県南東部に分布する中新統$$sim$$更新統の瀬戸層群は、窯業原料となる粘土(陶土)を産する陸成層として知られ、これまでに粘土鉱物学や地質学的な視点から数多くの研究が行われてきた。それらの結果から、陶土の成因には、母岩である花崗岩の風化、細粒砕屑物が堆積盆地に集まるまでの侵食・運搬・堆積プロセス、堆積後の風化や初期続成作用といった複雑なプロセスが関与していることが明らかにされている。また、最近では、本層群に産する古土壌から堆積当時の気候・風化条件に関する新たな知見が得られている。本地質見学会では、陸成層と強風化した花崗岩の観察を通して、陶土の成因、古土壌や古風化プロセス、瀬戸層群の地域ごとの堆積環境・古土壌の違いについて理解するため、愛知県と岐阜県の粘土鉱山に赴く。

This paper is guidebook of field excursion at the 127th annual meeting of the Geological Society of Japan, originally planned to be held on September, 2020 (postponed for one year). Miocene to Pleistocene Seto Group yields porcelain clay and are studied in the point of view of clay mineralogy and geology. In this field excursion, genesis of porcelain clay will be discussed through the observation of paleosols, paleoweathering profiles of the Seto Group and the basement strongly weathered granite.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.