検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

緊急時海洋環境放射能評価システムの開発; 海洋拡散の迅速な予測を可能に

Development of Short-Term Emergency Assessment system of Marine Environmental Radioactivity

小林 卓也; 川村 英之; 上平 雄基

Kobayashi, Takuya; Kawamura, Hideyuki; Kamidaira, Yuki

原子力事故により海洋へ放出される放射性物質の移行過程を予測することは、近年原子力施設の立地が進む東アジア諸国の周辺海域において重要なことである。原子力機構は、放射性物質の海洋拡散モデルを基盤とした緊急時海洋環境放射能評価システムを開発した。本システムは、海象予測オンラインデータを活用して、東アジア諸国の周辺海域における放射性物質の海洋拡散を迅速に予測するものである。これまでに、システムで実行される海洋拡散予測の精度を定量的に評価するとともに、アンサンブル予測手法を導入することで予測精度が向上することを示した。さらに、領域海洋モデリングシステムを用いて沿岸域を対象とした高分解能モデルを導入する等、システムの高度化を継続している。

It is important to predict the dispersion of radioactive materials released into the ocean due to nuclear accidents in the surrounding ocean of the east Asian countries. The Japan Atomic Energy Agency developed a Short-Term Emergency Assessment system of Marine Environmental Radioactivity (STEAMER) based on an oceanic dispersion model. STEAMER quickly predicts the oceanic dispersion of radioactive materials in the surrounding ocean of the east Asian countries using the online prediction data of oceanic condition. We validated the predictability of the oceanic dispersion and demonstrated the improvement of the predictability using an ensemble prediction method. Moreover, we developed a high resolution model in the coastal region using a Regional Ocean Modeling System (ROMS).

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.