検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

加速器におけるMTCA普及に向けて

Towards widespread use of MTCA in accelerators

田村 文彦  ; 吉井 正人*; 上窪田 紀彦*; 高橋 博樹

Tamura, Fumihiko; Yoshii, Masahito*; Kamikubota, Norihiko*; Takahashi, Hiroki

MTCA(マイクロTCA)は加速器における高度な制御の次世代プラットフォームとして期待されている。現在広く用いられているVMEよりも高速、大容量のデータ転送が可能なバックプレーンや、用途に応じた各種モジュールがホットスワップ可能であることによる高い保守性を誇る点などが、MTCAの利点として挙げられる。高エネルギー加速器研究機構の加速器において低電力高周波(ローレベルRF)制御への適用がなされたのちに、世界の多くの加速器においてMTCAは採用されるようになった。日本国内の加速器でのMTCAの広がりには時間を要しているのが実情であるが、最近になりJ-PARC 3GeVシンクロトロン(RCS)のローレベルRF制御などの大規模な採用事例も増えてきた。本発表では、J-PARC RCSでのローレベルRFでの適用を中心としたMTCAの採用事例を報告し、また、今後のMTCA普及のための取り組みについて報告を行う。

MTCA (MicroTCA) is expected to be the next generation platform for advanced control in accelerators. MTCA has many advantages over the widely used VMEs, such as high speed, large data transfer capacity, and high maintainability with hot-swappable modules. After the application to the LLRF control system at KEK, MTCA has been used in many accelerators around the world, while it takes a long time for MTCA to spread to the accelerators in Japan. Recently, the number of large-scale adoptions such as the LLRF control system, for the J-PARC RCS has been increasing. In this article, we introduce a case study of MTCA adoption and discuss why MTCA has not been widely used in Japan. Also, the efforts for the future promotion of MTCA in Japan are reported.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.