検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

フィッション・トラック年代測定の基礎; これまでの経緯と今後の発展の可能性

Basics of fission-track geo- and thermo-chronometry; Revisiting its history to explore future potential

長谷部 徳子*; 末岡 茂; 田上 高広*

Hasebe, Noriko*; Sueoka, Shigeru; Tagami, Takahiro*

フィッション・トラック(FT)法は、多くの放射年代測定が同位体化学分析を用いているのに比し、ウランの核分裂によって生じる物質中の線状損傷を可視化し観察するユニークな年代測定法である。年代測定法としてだけでなく、その特徴を利用して地質試料の300$$^{circ}$$C以下の熱履歴の復元にも利用されている。本稿ではFT法の歴史を再訪し、今後のFT法の発展にどのような方向性がありうるかを紹介する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.