検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

日本原子力学会2020年秋の年会企画セッション(核データ部会・「シグマ」調査専門委員会共催); 核データ部会20年間の歩みとこれからの20年,4; 20年後の未来へ、核データから道を切り拓く

Atomic Energy Society of Japan 2020 Annual Meeting, joint session of "Sigma Advisory Committee", "Subcommittee on Nuclear Data" and "Subcommittee on Reactor Physics"; 20th Anniversary Symposium of Nuclear Data Subcommittee, 4; Towards the future; Explore science from nuclear data

湊 太志  

Minato, Futoshi

核データが将来も原子力の基盤データとしてあり続け、社会のさらなる発展に寄与するためには、どのような活動がいまの核データ研究者に求められているのか? その答えとして、本稿では核データ研究のアウトリーチ活動に着目し議論を行った。アウトリーチの重要性とその波及効果について国内外で行われているいくつかの例を紹介するとともに、今後核データ部会が取り組むべき課題について議論をする。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.