検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

粒子ベースによる対話的In-Situ可視化フレームワークを利用した対話的In-Situステアリング

Interactive in-situ steering using interactive in-situ visualization framework based on particle

河村 拓馬

Kawamura, Takuma

シミュレーションにおける計算パラメータの探索は、設計変数の最適化やシミュレーションの高精度化において重要な課題である。しかし、近年の演算器性能向上により相対的にデータI/O速度がボトルネックとなり、多数の計算パラメータからなる計算結果をストレージに保存することが困難となった。そこで本研究は、スーパーコンピュータ上の計算と同時に計算パラメータを探索するIn-Situステアリングに着目した。我々はこれまでに開発してきた粒子ベースの対話的In-Situ可視化フレームワークを拡張し、バッチ処理されるシミュレーションの計算パラメータを対話的にステアリングする技術を開発した。この技術を中期計画で開発中のリアルタイムシミュレーションに適用し、ユーザが可視化によるフィードバックを受けながら計算パラメータをリアルタイムに調整することで、パラメータ探索を最適化できることを示した。

The search for computational parameters in simulations is an important issue in optimizing design variables and increasing the accuracy of simulations. However, due to the recent improvement in the performance of computational units, the data I/O speed has become a bottleneck, making it difficult to store the calculation results consisting of huge parameters in storage. In this study, we focused on in-situ steering, in which computational parameters are explored simultaneously with the computation on the supercomputer. We have extended our previously developed particle-based interactive in-situ visualization framework to develop a technique for interactively steering the computational parameters of batch-processed simulations. We applied this technique to a real-time simulation under development in our mid-term plan, and showed that the user can optimize the parameter search by adjusting the computational parameters in real time with feedback from the visualization.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.