検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

メタン吸収能を考慮したアジア域の森林における土壌炭素動態の統括的観測

Comprehensive field study on Asian forest soil carbon dynamics

Liang, N.*; 寺本 宗正*; 高木 健太郎*; 近藤 俊明*; 小嵐 淳  ; 安藤 麻里子 ; 平野 高司*; 高橋 善幸*; 高木 正博*; 石田 祐宣*; 荒巻 能史*; Zhang, Y.*; Lai, D.*; Chiang, P.-N.*; Zeng, J.*; Piao, S.*; Li, S.*; Zhao, X.*; Sun, L.*; 市井 和仁*; 山貫 緋称*; Azian, M.*

Liang, N.*; Teramoto, Munemasa*; Takagi, Kentaro*; Kondo, Toshiaki*; Koarashi, Jun; Atarashi-Andoh, Mariko; Hirano, Takashi*; Takahashi, Yoshiyuki*; Takagi, Masahiro*; Ishida, Sachinobu*; Aramaki, Takafumi*; Zhang, Y.*; Lai, D.*; Chiang, P.-N.*; Zeng, J.*; Piao, S.*; Li, S.*; Zhao, X.*; Sun, L.*; Ichii, Kazuhito*; Yamanuki, Hina*; Azian, M.*

欧米に比べ、有機炭素が豊富な日本を含むアジアモンスーン地域の森林土壌は、微生物呼吸の温暖化に対する長期的なCO$$_{2}$$排出量増進の応答が大きいことに加え、温暖化に伴う土壌の乾燥化でCH$$_{4}$$吸収能が上昇する可能性も、土壌の劣化でCH$$_{4}$$吸収能が低下する可能性も秘めている。しかし、CH$$_{4}$$を含めた土壌炭素動態の気候変動応答に関わる観測データの欠如は、将来予測の大きな不確実性の一因となっている。そこで本研究では、森林における土壌炭素動態の気候変動影響メカニズムの解明に加え、世界的に前例のない、アジア域を網羅する森林土壌におけるCH$$_{4}$$吸収能に関する多地点連続観測、広域推定及び将来予測を行う。国立環境研究所が開発した世界最大規模のチャンバー観測ネットワークを活用して、北海道からマレーシアまでの広域トランゼクトに沿って選定した代表的な森林生態系を対象に、観測,分析,モデリングアプリーチ等を融合した研究を展開し、アジア域における超高解像な土壌CH$$_{4}$$/CO$$_{2}$$フラックスの広域推定と将来予測を目指す。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.