検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

塑性ひずみを繰返し付与したオーステナイトステンレス鋼の微視組織変化

Variation of microstructure of austenitic stainless steel applied cyclic plastic strain

熊谷 正芳*; 秋田 貢一*; 黒田 雅利*; Harjo, S.  

Kumagai, Masayoshi*; Akita, Koichi*; Kuroda, Masatoshi*; Harjo, S.

本研究では比較的微視組織の変化が顕著となる塑性変形を伴う繰返し負荷を対象として、中性子回折のラインプロファイル解析により、繰り返し負荷によって変化するオーステナイトステンレス鋼の転位組織を評価した。供試材には固溶化処理したオーステナイトステンレス鋼SUS316Lを用いた。繰返し負荷はJ-PARCのMLF(BL19)の中性子ビームラインに設置して行ない、任意の繰返し数負荷後、荷重が0となる状態で保持して中性子測定を行なった。負荷前の転位密度は0.5$$times$$10$$^{14}$$m$$^{-2}$$であったが、繰返し負荷に伴い転位密度が急激に増加し、繰返し数50回では7$$times$$10$$^{14}$$m$$^{-2}$$と最も転位密度が高くなった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.