検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

パルス中性子回折による金属組織観察

Observation of metallographic structure by pulsed neutron diffraction

Harjo, S.

Harjo, S.

中性子回折は、金属構造部品内の残留応力測定のために今まで主に認識されていたが、パルス中性子による飛行時間法および高分解能実験装置の実現によって、応力の情報に加えて集合組織,転位密度,相変態などの金属組織の情報を抽出することが可能になってきた。さらに、高出力パルス中性子源の実現によって、これらの金属組織情報をin situで測定することができて金属材料の変形機構、製造プロセス中の現象などの解明に応用可能である。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.