検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

ラジウムの水和構造及び粘土鉱物への吸着構造の解明

Investigation of hydration and adsorption structures on clay minerals of radium

山口 瑛子  ; 永田 光知郎*; 田中 万也 ; 小林 恵太 ; 奥村 雅彦  ; 小林 徹 ; 下条 晃司郎  ; 谷田 肇 ; 関口 哲弘 ; 金田 結依 ; 松田 晶平 ; 横山 啓一 ; 矢板 毅; 吉村 崇*; 高橋 嘉夫*

Yamaguchi, Akiko; Nagata, Kojiro*; Tanaka, Kazuya; Kobayashi, Keita; Okumura, Masahiko; Kobayashi, Toru; Shimojo, Kojiro; Tanida, Hajime; Sekiguchi, Tetsuhiro; Kaneta, Yui; Matsuda, Shohei; Yokoyama, Keiichi; Yaita, Tsuyoshi; Yoshimura, Takashi*; Takahashi, Yoshio*

ラジウム(Ra)は環境挙動の解明が急務な元素であるが、安定同位体を持たず希ガスのラドンを生成するといった取り扱いの難しさから分光法の適用が難しく、水和構造でさえも十分に解明されていなかった。本研究では、Raの広域X線吸収微細構造(EXAFS)を測定し、世界で初めてRaの水和状態及び粘土鉱物への吸着状態を解明した。水和構造について第一原理計算を実施した結果、実験値と計算値は整合的であり、さらに第一原理計算ではアナログ元素であるバリウムについても計算を実施し、両者の比較も行った。これらの結果を比較したところ、Raは粘土鉱物に対して内圏錯体を形成し、環境中でRaが粘土鉱物に固定されることが示唆された。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.