検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Radiotoxicity hazard of inert matrix fuels after burning minor actinides in light water reactors

軽水炉におけるウラン-フリー燃料によるマイナーアクチニド燃焼後の放射能毒性

Shelley, A.*; 秋江 拓志; 高野 秀機; 関本 博*

Shelley, A.*; Akie, Hiroshi; Takano, Hideki; Sekimoto, Hiroshi*

プルトニウム燃焼のために考えられている2種類のウラン・フリー燃料、岩石型燃料(PuO$$_{2}$$-ZrO$$_{2}$$:ROX)とトリチウム酸化物燃料(PuO$$_{2}$$-ThO$$_{2}$$:TOX)、にマイナー・アクチニドを添加した時の使用済み燃料の放射能毒性を、軽水炉においてMOX燃料と比較して検討した。MAの添加量はROX燃料中の重核+Zrの0.2at.%から1.0at.%とした。それはPWRの出力1GWeあたり約200~1000kgに相当する。1150MWeクラスのPWRで1200日燃焼後の燃料の放射毒性を比べるとROX+MA燃料とTOX+MAやMOX+MAよりも少ない。取り出し後10$$^{4}$$年の時点での毒性は、ROXはTOXの1/3、MOXの1/4であり、10$$^{7}$$年後にはROX+MA燃料はTOX+MAの1/4でMOX+MA燃料の1/20の放射能毒性しか持たない。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:51.53

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.