検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Radiofrequency experiments in JFT-2M; Demonstration of innovative applications of a travelling wave antenna

JFT-2Mにおける高周波実験; 進行波型アンテナの新しい応用の実証

小川 俊英; 星野 克道; 金澤 貞善*; 三枝 幹雄*; 井戸 毅*; 川島 寿人; 糟谷 直宏*; 高瀬 雄一*; 木村 晴行; 三浦 幸俊; 高橋 幸司; Moeller, C. P.*; Pinsker, R. I.*; Petty, C. C.*; Phelps, D. A.*

Ogawa, Toshihide; Hoshino, Katsumichi; Kanazawa, Sadayoshi*; Saigusa, Mikio*; Ido, Takeshi*; Kawashima, Hisato; Kasuya, N.*; Takase, Yuichi*; Kimura, Haruyuki; Miura, Yukitoshi; Takahashi, Koji; Moeller, C. P.*; Pinsker, R. I.*; Petty, C. C.*; Phelps, D. A.*

JFT-2Mでは、世界で初めて速波電流駆動用に進行波型(コムライン)アンテナを用いた実験を行い、新しい応用の実証を行っている。電子サイクロトロン加熱中のプラズマで、方向性の高い速波入射により少なくとも10keV以上の高エネルギー電子がプラズマ中心に生成されることを確認した。電流駆動方向を変えた放電を比較したが、ループ電圧、軟X線スペクトルに顕著な差は見られず、駆動電流の評価には至っていない。2周波数同時入射によって励起されるビート波が作るPonderomotiveポテンシャルを重イオンビームプローブ計測を用いて測定することに成功した。0.4$$<$$r/a$$<$$1.0の範囲でポテンシャルの空間分布が測定でき、速波の電磁界分布の直接測定法として使える可能性を示した。コムライン・アンテナが作る高周波電界により、広いトロイダル磁場範囲でプラズマが生成できることを実証した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:38.7

分野:Physics, Fluids & Plasmas

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.