検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

硝酸廃液の処理方法

高信 修; 天本 一平; 梅津 浩

森 良平*; 有馬 雄介*

【課題】高価な触媒や高温高圧などの厳しい処理条件を必要とせず、比較的温和な条件下で高い硝酸態窒素分解率を達成することができる硝酸廃液の処理方法を提供する。 【解決手段】硝酸廃液に有機還元剤を添加して硝酸分を分解する方法において、無機酸を添加して分解処理終了時の酸濃度が0.3N~1.0N、好ましくは0.3N~0.5Nの範囲になるように反応を進めることを特徴とし、好ましくは、有機還元剤の添加量が廃液の硝酸態窒素の1.0倍当量以上~1.5倍当量以下であり、処理前または処理中に無機酸を添加し、常圧下で沸騰しない温度に加熱し、窒素酸化物ガスの発生状況に応じて有機還元剤を徐々に添加して硝酸分を分解させる処理方法。