検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

溶湯精錬装置及び溶湯精錬方法

根本 正博; 廣木 成治; 阿部 哲也; 田島 保英; 長谷川 浩一; 平塚 一; 新井 貴

大間知 聡一郎*

【課題】従来と比べ溶湯中の3ミクロン以上の介在物や酸化物を著しく少なくし、製品不良を少なくすることを課題とする。 【解決手段】溶融状態のアルミニウム合金やマグネシウム合金を精錬する溶湯精錬装置において、溶融金属を収納する真空精錬装置1と、この真空精錬装置1に接続され,該真空精錬装置1内を1気圧以下に保持しえる真空ポンプと、前記真空精錬装置1内で溶融金属4中の介在物を浮上させる手段とを具備することを特徴とする溶湯精錬装置。