検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

逆流防止機能を有する磁場回転式電磁ポンプ

二川 正敏; 粉川 広行; 涌井 隆; 羽賀 勝洋

三浦 邦明*; 萩谷 和彦*; 小笠原 俊彦*; 武野 尚文*; 浅葉 信*

【課題】部分円筒形の流路の径方向の厚さと運転条件を最適に設定することにより、安定した流量-吐出圧力特性を得る。 【解決手段】磁場回転式電磁ポンプは、部分円筒形の流路1の一端側に流入側流路5が連なり、その他端側に流出側流路6が連なり、前記部分円筒形の流路1の中に、同流路1の円周方向に流入側流路5から流出側流路6に向けて回転移動する磁界を形成する誘導子2、2'を配置した磁場回転式電磁ポンプにおいて、流路1の内周側から外周側に至る径方向の当該流路1の厚さをその内周側と外周側における磁束密度の比ΦB/ΦAが70%以上となるよう設定する。或いは流路1の内周側と外周側との磁束密度の比がΦB/ΦAが55%以上となるよう設定し、且つスリップ値を0.97以下となるように磁場回転式電磁ポンプを運転する。