検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

ベローズ型差圧式圧力スイッチ及び圧力検出システム

安尾 清志; 綿引 誠一

小針 保明*

【課題】低圧室の雰囲気の圧力の変化に基づく検出誤差の発生を防止することができるベローズ型差圧式圧力スイッチ及び圧力検出システムを実現する。 【解決手段】差圧容器403内を仕切って低圧室401と高圧室402を形成し受圧変位体420の変位に応動するベローズ型差圧式圧力スイッチにおいて、前記受圧変位体は、高圧室から低圧室に向かって伸縮する円筒形状のベローズ421の先端開口を閉じるように該ベローズの先端開口に結合され、前記応動スイッチは、ベローズ先端封止部材422の凹部の周壁に取り付けた永久磁石423と、リードスイッチ425を備え、前記ベローズ先端封止部材の凹部の底壁422Cと前記差圧容器の壁403Aを気密状態に貫通するように螺着された調整ねじ426との間に圧縮状態に介在させたベローズ伸長調整ばね427を設ける。