検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

放射線検出器

荒 邦章; 大高 雅彦

神野 郁夫*

【課題】高い線量の放射線の検出とエネルギ情報の収集とを同時に行うことができ、しかもエネルギ情報を精度良く取得する。 【解決手段】入射した放射線から付与されたエネルギによって電荷を発生する複数の検出素子11,…,13が、放射線の入射線上に入射端からの距離が互いに異なる位置に配設され、前記検出素子の列の検出素子間の1箇所以上に吸収体14が設置されている。これら複数の検出素子は全て同一の検出媒体を用いた同一構造であって、それらが3~6個、一列に配列されている。前記吸収体としては、例えば錫などを用いる。