検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

自己出力型ガンマ線検出器

武内 伴照; 永田 寛; 土谷 邦彦; 柴田 晃; 大塚 紀彰

山本 宏*; 三浦 邦明*

【課題】高い中性子環境下においても、中性子線の影響を最小限に抑えられ、γ線強度を高精度に測定できる自己出力型ガンマ線検出器を提供すること。 【解決手段】円柱状のエミッタ材と、前記エミッタ材との間に絶縁材を介して、前記エミッタ材の周囲に配置されたコレクタ材とを備え、前記エミッタ材及び前記エミッタ材に接続されたMIケーブルと前記コレクタ材との間に流れる電流値を検出して、γ線強度を測定する自己出力型ガンマ線検出器であって、前記エミッタ材が、不可避不純物が0.03重量%以下にある純タングステン(W)から成っている。