検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

フェロシアン化物粒子-多糖類複合体

関根 由莉奈; 深澤 裕

秋吉 一成*; 澤田 晋一*; 佐々木 善浩*

【課題】フェロシアン化物(MX[FEII(CN6)]Y)の利用性を高めることができるように、微粒子状のフェロシアン化物が安定に分散された材料の提供。 【解決手段】多糖類が溶解又は分散している溶媒中で、フェロシアン化ナトリウム又はフェロシアン化カリウム等の粒子と、金属イオンとを反応させて、フェロシアン化物と多糖類の複合体を得ることにより、フェロシアン化物の分散性を著しく改良することができ前記フェロシアン化物粒子の平均粒子径が500NM以下であるフェロシアン化物粒子-多糖類複合体。前記多糖類が、アニオン性官能基を有する多糖類又は疎水化多糖であるフェロシアン化物粒子-多糖類複合体。