検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

分析結果に基づく平均放射能濃度を用いた放射能評価方法

林 宏一; 水井 宏之; 岩井 紘基; 副島 吾郎

not registered

【課題】放射能の実測が困難である核種に対して、安全性が損なわれる結果が出ないことを担保した上で、放射能濃度を適正に算出する。 【解決手段】まず、廃棄物に類似したと認められる評価専用の多数の試料が採取される(S1:試料準備工程)。次に、採取した試料の各々について、核種毎の放射能濃度が測定される(S2:測定工程)。このように評価対象となった核種について試料に対応した多くの測定結果(放射能濃度)が得られたら、この測定結果の母集団の分布が推定される(S3:分布推定工程)。このように分布が決定された場合(S4:YES)には、この結果に基づき、放射能濃度の代表値が決定される(S5:設定工程)。ここで、評価対象となった核種の放射能濃度の代表値としては、信頼上限値が採用される。

Access

From 2021.3.1

:

- Accesses