Refine your search:     
Report No.
 - 

高速ゲート掃引型3次元レーザーレーダー装置

丸山 庸一郎; 大図 章; 加藤 政明

not registered

【課題】レーザーレーダー装置が活用されている分野で利用でき、自然現象、様々な産業及び交通車両等より大気中に放出され、大気中を浮遊する有害汚染物質、環境ホルモン、エアロゾル、微粒子等を観測または検出する環境分析産業分野で利用でき、または大気の温度、流れ、水蒸気、二酸化炭素等の分布または状態を調査する気象産業、さらに火山、海洋より放出されるガス、火山灰等の計測を行う産業、学術分野で利用できる。 【解決手段】散乱、蛍光、ラマン、差分吸収等の方法を用いたレーザーレーダー装置において、レーザーエコー光の受信検出器に用いる高感度2次元画像CCDカメラ、MCP及びイメージインテンシファイヤー等に、時間幅の短いゲート機能及び高速ゲート掃引機能と高いフレーム(画像取り込み)繰り返し数とを持たせ、大気中に浮遊する微粒子、環境汚染物質及びエアロゾル等の2次元或いは3次元濃度空間分布を瞬時に取得し、かつその分布の風向、速度、流れ等の時間変化を遠隔において捕捉することのできる高速ゲート掃引型3次元レーザーレーダー装置。